Top >  高血圧の原因 >  高血圧VS低血圧

スポンサードリンク

高血圧VS低血圧

高血圧症とは正常血圧は収縮期血圧130mmHg以下、拡張期血圧85mmHg以下、低血圧は収縮期血圧が100~110mmHg以下、拡張期血圧が50~60mmHg以下です。
高血圧は問題視されていますが、反対に低血圧はあまり問題になりません。
高血圧症では、急に立ち上がった時に血圧が大きく低下する起立性低血圧をともなう場合もあります。
立ちくらみのようですね。高齢になると血圧の変動が大きくなり、立ち上がった時に血圧が急に下がり、めまいや立ちくらみといった症状でふらついて転倒したり骨折したりすることもありますので注意が必要です。
骨折などをして寝たきりになるとアルツハイマー症の心配も出てきます。血圧を下げる薬を服用中の高血圧症の方に、薬が原因で起立性低血圧が起きることもあります。
転倒を防ぎましょう。
適度な運動で肥満を解消して、高血圧低血圧を解消したいものです。血圧に近付きたいものです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 高血圧とカルシウムの関係  |  トップページ  |  次の記事 更年期になると高血圧になる?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/113

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧対策してる?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。