Top >  高血圧の症状 >  二次性高血圧という高血圧

スポンサードリンク

二次性高血圧という高血圧

二次性高血圧は高血圧の原因となっている病気があることが前提で、症状として血圧が上昇する高血圧症です。二次性高血圧は日本では少なく、高血圧患者の10パーセント程度と言われています。
二次性高血圧の中でも最多なのは腎臓病による腎性高血圧ですが、他には内分泌性高血圧、心臓・血管性高血圧、神経性高血圧、妊娠中毒症による高血圧、外因性高血圧なども高血圧症になります。
二次性高血圧には、腎臓への動脈が狭窄して起きる腎血管性高血圧、血圧を上げるホルモンが過剰になって起きる高血圧があります。二次性高血圧は原因の疾患を治療することで高血圧症の症状を改善することができます。
また、腎性高血圧は、腎臓の病気が原因で引き起こされる高血圧ですが、腎臓の障害部位により腎実質性高血圧と腎血管性高血圧とに分類されます。腎臓は多数の毛細血管がまってできている臓器なので血圧に影響を受けやすい臓器といえます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 本態性高血圧とは?  |  トップページ  |  次の記事 妊娠中毒症による高血圧とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/103

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「高血圧対策してる?」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。